【ブルーモーメント】キャストとオリジナル相関図の一覧!脚本とあらすじの展開予想!

当ページのリンクには広告が含まれています。
山下智久

2024年4月から始まる水曜10時のドラマ「ブルーモーメント」の放送が決まりました。

主演はフジテレビのドラマでは、人気作となった「コード・ブルー」以来7年ぶりの山下智久さんです。

「ブルーモーメント」は気象庁気象研究所を舞台とした物語になっています。

命がけで救助に向かう山下智久さんのヒーロー役が楽しみですね。

「ブルーモーメント」の相関図や脚本とあらすじの展開予想を紹介します。

この記事で分かることはこちらです。

・【ブルーモーメント】のキャストと相関図
・【ブルーモーメント】の脚本とあらすじ

さっそく詳しく見ていきましょう。

目次

【ブルーモーメント】オリジナル相関図の一覧!

【ブルーモーメント】のオリジナル相関図はこちらです。

【ブルーモーメント】オリジナル相関図

詳細が発表されましたら追記していきます。

2月頃を予想しています。

【ブルーモーメント】キャストの紹介!

【ブルーモーメント】のキャストはこちらです。

山下智久
役/晴原柑九朗(はるはら・かんくろう)

山下智久
引用元:https://realsound.jp/

山下智久さんの役名は晴原柑九朗です。

フジテレビのドラマ「コード・ブルー」以来7年ぶりの主演となります。

海外でも人気の高い山下智久さんは、2020年6月から世界公開の日欧共同製作の国際連続ドラマ『THE HEAD season1』では海外ドラマ初出演を果たしました。

また、2023年4月から世界公開の国際連続ドラマ『神の雫/Drops of God』海外ドラマ初主演を務めました。

【ブルーモーメント】山下智久さんの役柄はこちらです。

気象庁気象研究所の研究官
笑顔が素敵なイケメンでお天気コーナーにも出演。
・別の顔があり、気象災害から人命を守るために活動するSDM本部(特別災害対策本部)のチーフである。
頭脳が良く、自分が感じた天気の分析を的確に考察する。
・緊張感がある現場でも先を読む力がある
・口が悪く、毒舌だが人を助けたい気持ちは誰よりも熱い

出口夏希
役/雲田 彩(くもた あや)

引用元:インスタより

出口夏希さんの役名は雲田 彩です。

出口夏希さんは2019年ドラマ「ココア」でテレビドラマ初出演で初主演を果たします。

2023年森七菜さんとのダブル主演「舞妓さんちのまかないさん」では、すみれ役をオーディションで見事に勝ち取りました。

また2023年ドラマ「いちばん好きな花」、2024年月9ドラマ「君が心をくれたから」そして今回のドラマ「ブルーモーメント」3クール連続で出演を果たす今注目されている女優です。


【ブルーモーメント】出口夏希さんの役柄を紹介します。

・晴原(はるはら)の研究助手
・仕事はでき、中国語が得意
・裏表がなくはっきりしてる
・転職を繰り返す

出口夏希さんは母親が中国出身の為、中国語が堪能です!

今回はドラマで初披露となるので楽しみです。

水上恒司
役/園部優吾(そのべ ゆうご)

引用元:Xより@ano_hana_movie

水上恒司さんの役名は園部優吾です。

水上恒司さんの役柄はこちらです。

・東京消防庁の消防救助機動部隊に所属する
・優秀なレスキュー隊員
・晴原柑九朗の亡くなった婚約者のいとこ
・一人っ子
・晴原柑九朗とよく揉める

夏帆
役/汐見早霧(しおみ さぎり)

引用元:モデルプレスより

夏帆さんの役名は汐見早霧です。

夏帆さんの役柄はこちらです。

・ドラマのオリジナルキャラクター
・訳アリ天才脳外科医
・SDM(特別災害対策)に派遣される

★詳細が発表されましたら順次、追記していきます。

【ブルーモーメント】の脚本は誰?

浜田秀哉
引用元:日刊スポーツ
脚本・浜田秀哉さん

【ブルーモーメント】の脚本は浜田秀哉さんです

脚本浜田秀哉 「イチケイのカラス」シリーズ、『絶対零度』シリーズ 
プロデュース・高田雄貴 「イチケイのカラス」シリーズ、「刑事ゆがみ」
栗原彩乃 「PICU 小児集中治療室 スペシャル 2024」「ナンバMG5」
音楽・佐藤直紀 「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」シリーズ、映画「ゴジラ-1.0」
フジテレビホームページ
イチケイのカラス
引用元:ザテレビジョンより
イチケイのカラス

脚本の浜田秀哉さんは、2021年4月のドラマ「イチケイのカラス」が人気で話題になり、2023年1月に映画化させた方です。

佐藤直紀 ブルーモーメント
引用元:Xより
佐藤直紀さん

音楽は、「コード・ブルー」や「海猿」を担当した佐藤直紀さんなので、人命救助など緊張感あるシーンでの音楽がどんな曲になるかなど期待もあって楽しみです。

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で最優秀音楽賞を受賞されました。

【ブルーモーメント】あらすじを紹介!

山下智久 ブルーモーメント
引用元:ブルーモーメント公式
https://www.fujitv.co.jp/blue-moment/

「ブルーモーメント」は、漫画家小沢かなさんによる連載中の同名コミックが原作となっています。
『COMIC BRIDGE』(KADOKAWA)で連載中です。
2024年1月現在コミックスは2巻まで発刊していて、3巻は2024年4月発売予定です。

あらすじを紹介します。

山下智久さん演じる晴原柑九朗は、報道番組のお天気コーナーにも出演する、イケメンな気象庁気象研究所の研究官。

裏の顔として、気象災害から人命を守るために活動するSDM本部(特別災害対策本部)のチーフでもある。

SDM本部とは自然災害において、対応の遅れによる人的被害の拡大を防ぐために内閣府直属のチームとして設置されたチーム。

山下智久 ブルーモーメント
引用元:ブルーモーメント公式



毒舌なため嫌われる晴原柑九朗だが、人命救助に対する熱い志や真っすぐな姿勢は誰よりもあり、頭脳が天才的である。

そんな晴原柑九朗の姿を見て共感を得た者たちと共に唯一無二の最強SDMチームを作り上げていく。

だが、晴原柑九朗にはずっと追い続けている謎がある。

“気象学で命を救う”ことを志した理由、それは最愛の人の死

そこには最大の謎があり、そのミステリーはドラマを通して解決していくことになる。


最愛の人の死とはいったい誰なのか、その謎は何なのか、気になることがたくさんありますね。

【ブルーモーメント】展開予想!(ネタバレ注意!)

原作は小沢かなさんの漫画「BLUE MOMENT」です。


小沢かなさんの代表的な漫画は「BLUE MOMENT」、「ブルーサーマル」、「野々宮月子はいつも眠い」などがあります。



どれもドロドロな恋愛ストーリーではなく、どちらかと言えば人との奇跡的な出会いや別れ、「野々宮月子はいつも眠い」では主人公が眠ることが大好き、同棲中の彼は深夜の夜食が得意で一緒に食べる時間が幸せというほのぼのした物語です。

ドラマ「ブルーモーメント」では、「最愛の人の死があり、そこには最大の謎があるが、ドラマを通して解決していく」

という解説があります。

原作漫画と同じだとすれば、最愛の人の死⇒晴原柑九朗の家族、嫁と息子を災害で亡くなることになります。

今回も物語としては山下智久さん演じる晴原柑九朗の悲しみでいっぱいだった心も、人との出会いで解決していき、気象災害に立ち向かいながらも前向きな人生を歩んでいくドラマになるかと予想しています。

【まとめ】【ブルーモーメント】キャストとオリジナル相関図の一覧!

今回は「【ブルーモーメント】キャストとオリジナル相関図の一覧!脚本とあらすじの展開予想!」を紹介しました。

【ブルーモーメント】はコミックが原作になっています。

気象災害に立ち向かう世界的にも珍しいドラマということで、4月の放送を楽しみにしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次