高橋彰太の亡くなった死因は腎機能が低下が原因!病名やいつから病気だったのか調査した!

当ページのリンクには広告が含まれています。
高橋彰太

2023年夏、法政大学の高橋彰太選手が19歳という若さで病死しました。

箱根駅伝に向けて、練習メニューを考えていたそうです。

高橋彰太選手の亡くなった死因は腎機能が低下とありますが、病名は一体なんなのでしょうか。

またいつから病気にかかっていたのか調査しました。

この記事で分かることはこちらです。

高橋彰太の亡くなった死因は腎機能が低下が原因
高橋彰太の亡くなった病名は?
高橋彰太はいつから病気だった?

さっそく詳しく見ていきましょう。

目次

高橋彰太の亡くなった死因は腎機能が低下が原因!

高橋彰太選手の死因は腎機能が低下ということです。

8月の初めに足のむくみがひどいという事で入院しました。

坪田監督が高橋彰太選手と電話で話すと、危機感のある様子ではなく、投薬で2、3週間は様子を見るとのことだったようです。

8月初め、中国での国際大会に同行していた坪田監督の元に、帰省していた高橋さんから「足のむくみがひどく、すぐ入院した方がいいと言われました」と、LINEで一報が届いた。

https://www.yomiuri.co.jp/hakone-ekiden/news/20231228-OYT1T50097/


坪田監督はその約10日後に、高橋彰太選手さんの親から「彰太が亡くなりました」と告げられました。

それが最後の会話になった。約10日後、坪田監督に高橋さんの親から「彰太が亡くなりました」と告げられた。回復していたさなか、血栓ができて容体が急変したという。

https://www.yomiuri.co.jp/hakone-ekiden/news/20231228-OYT1T50097/

腎機能が低下し、血栓ができるという事は?

腎機能が低下しているとむくみ、夜にトイレに行く回数が増える、だるさなどの症状があります。

腎機能が低下すると何が起こるのか?
腎臓の機能が低下すると、尿の濃縮力が低下して多尿となり、夜間頻尿になることが多いですが、さらに腎機能低下が進行すると、尿量が低下します

引用元:一般社団法人 日本腎臓学会



高橋彰太選手はむくみが最初にあったようですね。

浮腫(むくみ)とは、腎臓から水分を十分排泄できなくなり、体内に余分な水分がたまっている状

引用元:一般社団法人 日本腎臓学会

腎臓に血栓ができる原因はむくみの症状があることから、なんらかの原因で血管が詰まったかもしれませんね。

高橋彰太の亡くなった病名は?

高橋彰太選手の病名は公表されていません。

一般的にこういった病気があげられています

腎静脈血栓症は主要な腎静脈の一側性または両側性の血栓性閉塞で,急性腎障害または慢性腎臓病を生じる。 一般的な原因は,ネフローゼ症候群,原発性の凝固亢進性疾患,悪性腎腫瘍,外因性圧迫,外傷,まれに炎症性腸疾患である。

引用元:https://www.msdmanuals.com/

はっきりと病名や詳しい情報がないのは、ご遺族の意向があったかもしれませんね。

高橋彰太はいつから病気だった?

高橋彰太選手は2023年8月のはじめに、むくみの症状が出ています。

いつから病気かの詳しい情報は出ていませんが、2023年7月の第2回富士裾野トラックミート男子5000mでは安心感がある走りとXで投稿がありました。

7月の時点ではお元気そうな走りだったんですね。

高橋彰太
引用元:読売新聞オンライン・吉野拓也撮影
左腰に喪章を付けて出雲駅伝で力走した法大の稲毛選手

2024年箱根駅伝では、選手全員が喪章を付けて監督が乗る運営管理車には高橋彰太選手のシューズやウェアを載せる予定されるそうです。

高橋彰太の亡くなった死因は腎機能が低下が原因!まとめ

今回は「高橋彰太の亡くなった死因は腎機能が低下が原因!病名やいつから病気だったのか調査した!」を紹介しました。

高橋彰太選手の死因は、腎機能が低下で病名は分かっていません。

2023年8月にむくみの症状が出たという事がわかっています。

箱根駅伝、走りたかったと思います。
残念でしかたありません。

高橋彰太選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次